幸せな働き手が増えますように。

フリーランスで働く新米ママの「はな」です。子供がおねんねしている間に、在宅で仕事をしています。そんな生活を始め、1 年が経ちました。

私は「娘が小さいうちは絶対に在宅で働く!!」と決めていました。なので今の生活は私にとってベスト。この環境が持てたことに、とても感謝しています。

月の稼動時間は保育園に預けられる基準を超えており、忙しい毎日ではあります。「預け先が無い」のも理由ですが、「子供のペースに合わせたい」「子供の安全を守りたい」「一度きりの子育てを存分に楽しみたい」というのが、私がこの生活をしている大きな理由です。もし私が産後フルタイム会社員を続けていたら、きっと子供を「早く早く!」と追い立て、ピリピリ接していたと思います。預け先の選択肢が増える 2 歳まで、もうしばらくこの生活を続けます。

働き方改革が良い方向へ進めば、会社員という枠組みに囚われない『未来の働き方』が可能になります。そうなることを願っています。だから『未来の働き方』を実践している一人として今声を上げたく、このブログを立ち上げました。

働くことは本来、ワクワクするような面白いことです。体を動かすのは気持ちが良く、人と話すのは楽しいことです。

なのにどうして、こんなに皆が苦しんでいるのか?それは自分以外の意志で『働かされている』からでは?

幸せに働けている時は「もっと頑張りたい!」という前向きな気持ちが自然と生まれます。その気持ちが、自分と自分の周りの人を幸せにします。与えられた環境に感謝するからこそ、働き手は自ら「良い仕事をして発注者/雇用主に恩を返そう」と思えます。

だから目先の利益のために労働者を搾取している企業は、それを止める勇気を持って欲しい。自分の会社に協力してくれている人達の時間と幸福と命を奪うのではなく、従業員を含めた世の中から感謝されるような、世の中に必要な存在となって欲しい。働くことによって幸せな人が増える仕組みになって欲しい。

働き方改革が進み、少しでも多くの人が不本意な人生を送ること無く、限られた命を大切に使えるようになることを願います。

→ 自己紹介ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA