夫のワイシャツのアイロンがけは、妻の仕事なのか

実際は、シャツのシミ抜き(これがやりたくない)や、スーツのクリーニング、ボタンつけなども加わるのですが。これは家事のような顔をしていて、実は「仕事道具の管理」ですよね。

夫がだらしないと、なぜか嫁が責任を問われる?

うちの旦那さんは、ものすごくだらしない人です。良く言えば「おおらか」。そこが良い所でもあります。おおらかな所は変わらないで欲しいので、本当はガミガミ言いたくないのです。

だけど、彼はスーツとワイシャツを着る仕事をしています。その仕事着の管理が悪いことが私はとても気になっています。みすぼらしい格好で出社させて、世間からは私がダメ嫁だと思われているんだろうなとも思っています。私がいくら言っても彼は変わる気がありません。

自分の仕事道具の管理ができない夫

だからといって、「なら嫁がやったら良い」とは思いません。仮に反対の立場だったとして、「自分の仕事道具の管理と手入れを人にしてもらう」のは何か違うと思うからです。だから気になっても、なるべく手を出さないよう我慢しています。自己管理ができない人に、社会人として違和感を感じるということです。大体、ボタンつけや洗濯などは、今の世代は誰もが家庭科で習っているはずです。

そうです。嫁がいる・いないは関係無かったのです。一人暮らしやシングルの人は自分でやっていますよね。男か女かも関係ありません。妻は、夫の召使いでもお母さんでもありません。

うちの旦那さんは料理もしません。ボタンつけもしません。他の家事もほとんどしません (別に悪い人ではなく、休日に余裕があれば洗い物や洗濯くらいはしてくれる)。私の方が余裕があるのなら、家事を私がしても別に良いのです。ただ「大人なのに、自己管理ができない所」を何とかした方が良いと思っています。だらしない姿勢は、絶対に仕事にも出ているはずです。

さあ、早速やってみましょう

テーブルにバスタオルを敷いて、その上にシャツを置きます。シミの気になる所に重曹ペースト(重曹+水を練ったもの)とキッチン用洗剤をつけ、タオルでポンポンポンポンポンポン … これだけです。ただ面倒です。面倒なことを人にやらせると楽ですよね。頼むのはたった一言ですから。

洗濯用漂白剤をただつけて洗っても、クリーニングでシミ抜きを頼んでも、黒くなった汗ジミは取れません。だから手作業で落とす必要があります

家事、と簡単に言いますが、実際の家事とは、こういう細かくて見えない作業が無限に集まったものです。無頓着かつバイト感覚の旦那さんは、それを知りません。

子供がいる時はあまりやりたくない作業でもある

洗剤を使う手作業や、熱を使うアイロンがけ。それらを常にまとわりついてくる幼児の相手をしながらやるというのも、私が気が進まないポイントです。

クリーニングに出すなら出すで、お店を二往復する時間が必要になります。自分で歩いてくれないことが多く、歩いたとしても急に道路に飛び出す幼児を連れて大きな荷物を運ぶのは、なるべくしたくないことです。

家でやっても外注しても面倒

シャツやスーツを自宅で洗うには、洗剤代、水代、洗濯機・アイロンの電気代もかかります。何よりアイロンがけは「手間」と「時間」が奪われる家事です。

面倒なら自分で頑張るよりも、形状記憶シャツを一週間分買い、こまめにクリーニングを利用するのがお得です。ワイシャツなんて、たった 100 円程度でプロの仕上がりです。シミ抜きをプラスしても 200 円程度です。スーツは普通にお金がかかるので、ジャケットだけクリーニングに出し、ズボンだけ家でお洒落着洗剤で洗うのも良いですね。ただアイロンの当て方を間違うとテッカテカになります。

このようにスーツやワイシャツのクリーニングは、「労力と時間」または「お金と時間」がかかります。もし自分で管理するとしたら、もしクリーニング代を自分のお小遣いから出さなくてはならないとしたら、どちらを選びますか?

もしどうしても自分でできないにしても、人の苦労を知っているかどうかで、頼み方も変わると思います。

共働きを希望し、子供も産ませ、家事や育児も一人でさせ、その上夫の世話まで嫁にさせて何とも思わない人達に囲まれていると本当に大変です。自分の身に付けるものを自分で管理できると、それだけでも大分スマートな人に見えます。

<宣伝> スチーマーなら、多忙 or ズボラな人にもおすすめ

そういえば最近、スチーマーを買いました。こちらの大容量タイプ。私は腱鞘炎が慢性化しているのですが、別に重さを感じません。

スーツやシャツをハンガーにかけたままシワを伸ばせて、これは便利です。

アイロンをあてるのは、シワ伸ばしだけでなく、ニオイを取ったり、殺菌のためでもあります。

スイッチオンから20秒ほどですぐに使えるし、アイロン台を使ってプレスしたりもしない。これなら不器用な旦那さんにもできます。

仕事着を管理している場所にアイロンを置くスペースを用意できれば、かなり使ってもらいやすいはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA