解雇のしやすさと働きやすさ

忙しくて、ブログを更新する暇がありませんでした・・・。最近は一時預かりも一旦やめ、なのに仕事を増やしてしまったので、完全にキャパオーバー。でも、プロジェクトが終わるまでの辛抱だと思うと頑張れるような。そこが契約単位で動く働き方の良い所かな。

  • アメリカ企業ではドラマみたいに急にクビになるんだって
  • クビの理由は、別に「本人に問題がある」からじゃない
  • 「自分の仕事があるから、働く」っていうシンプルな考え

アメリカ企業ではドラマみたいに急にクビになるんだって

契約といえば、このライオンブリッジの求人記事に書いた疑問「海外では、この契約みたいに急にクビになるのが普通なのか?」が、だんだん解消されて来ました。

アメリカの会社で働いている人達の話によると、やはり「朝人事に呼ばれ、急に段ボールを渡された」「いつものように出社したら、急に会社のシステムにアクセスできなくなった」といった感じでクビになることが普通にあるとのこと。怖いね。

だけど、そのクビの原因は様々。日本だと一旦雇った正社員を非常に解雇しにくいので、クビになってしまうと「本人に何か重大な問題がある」という目で見られてしまいがちで、解雇=ネガティブなイメージ。もしかしてそれが、転職しにくさだったり、ブラック企業にしがみついてしまったりする一つの要因なのかなと気づいた。

クビの理由は、別に「本人に問題がある」からじゃない

アメリカだと「プロジェクトが終わり、その人が今いるポジション自体や部署自体が無くなったから」という理由での解雇なんかも可能だそう(レイオフ、一時解雇と呼ばれる)。

そのような感じで「本人に何も問題が無くとも、解雇されることが普通にある」社会では、転職することも当たり前だし、人生のやり直しをすることに対する世の中のネガティブなイメージも少ないのだろうな。だって、失職=失敗ではないのだから。

だから本人も「ショックだけど、次を探せば良いよね」って前を向くことができるらしい。もちろん失職は深刻なことに変わりはなく、個々の事情にもよるけど。

だけど、どちらの世であっても「信頼回復」って難しいから、人に対して誠実であり続けることは常に大切だよな。あと海外の求人を見ていると、「専門性」を日本以上に求められる感じ。これ、大学に入る前に知りたかったな〜。これからの人は、就職を意識して大学の専攻を選んだ方が良いね。

「自分の仕事があるから、働く」っていうシンプルな考え

私が今している働き方もこれと同じで、プロジェクト毎の契約となるので、プロジェクトが終わったら、その取引先とはまたいつかご縁があるまでさようなら。

そういう働き方が、自分には何だかとても腑に落ちた。「仕事が暇な時期も、毎日最低 8 時間は出社していなければならない」とか「ただ正社員であるという理由で、会社がずっとその人達の面倒を見なければならない」っていう、会社員という働き方にすごく不自然な感じを持っていたので。

この検索エンジンの中の人の仕事も、プロジェクト自体は簡単に無くなるものではないと思うけれど、いつか終わりが来たり、新陳代謝のための人の入れ替えなどで、自分も「クビ」を言われる日がこの先来るのだろうか・・・多分来るんだよな、と思っている。だから、その時にあまり悲観しないような状態に早く持って行きたくて足掻いているところ。長く続けたいなあ・・・こんな仕事、なかなか無いもんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA