Web評価の仕事、単価が高い理由と歓迎スキルの関係

今回の募集は以前の求人より単価が上がっていたよ。私と同じ、検索エンジンの評価者の仕事。タイミング良く入れた人はラッキーだね。この記事中にリンクを置くので、詳しい話はそちらで。

マイナビバイトの求人情報【※募集は終了しています】

https://baito.mynavi.jp/cl-002634502645/job-35635014/

あれ・・・単価が上がっている?

人手不足になると単価が上がるのか?毎年冬頃に募集が出ているように見えるけど、単価は時々変動しており、今回は高いぞ。入ったタイミングを間違えたかな汗?

確かに今、人が少ないんだと思う。ここしばらく、ずっとno taskを見ることもなく、フルタイム稼働と同等の仕事があり、安心して稼働できています。

「切られる」って話をやたらよく目にするけど、きっと実際そうなんだろう(→この仕事を長く続けるには)。あと、この仕事や働き方が合わなくて辞める人も少なからずいるはずだし。

※追記※

コメント下さった方の情報では「職種が異なる」ようです。それと、もしかしたら一年以内の短期の仕事なのかもしれない。

単価が高い理由と歓迎スキルの関係

これは「きっとそうなんだろうなー」っていう、私が想像した理由です。

英語が得意な日本人が少ないから?

上記求人の”歓迎スキル”、実際仕事をしていても大事なポイントに思います。ぱっと見誰でもできそうに感じるんですが、わざわざ日本で人を募集しているには理由がありますよね。

「日本の文化や事情に精通していて、日本語が正しく理解でき・正しく使える人」って、日本で育った人全員じゃないんですよね。かつ英語(読み書き)がビジネスレベルで使える人となると、思ったより大分少なくなる。

インド辺りでは、この仕事の単価ってもっと低いみたい(ネット調べ)。これってインドには英語ができてITに強い人がたくさんいるからだったりするのかな?と勝手に想像している。だから、英語が得意な日本人が少ない今のうちがチャンスだと思われます。

そもそも文章が読めない…!?

更には日本語の文章であっても「文章を正しく読めない」という人が大量に存在するので、大量のマニュアルや指示を文字だけで理解しながら仕事をする力がとても大切です。最近は Webinar や Podcast なんかもあるけど、基本は「文章が読めること」。

Twitter なんかでよく見ますよね、文章が読めず意図が理解できないがためにクソリプつけちゃう人。

東洋経済の記事に簡単なテストがありますが、あなたは当然正解できますよね!?

衝撃!「日本語が読めない日本人」は案外いる – AIに仕事を奪われる、中学生以下の大人たち

検索って、特殊スキルだった・・・!?

あと最近気づいたのですが、「検索」ってある意味特殊スキルなんですよ。大抵のことは自分で調べられる時代なのに、「ググれよ」って言っても、できない人いるんです。しかも結構普通に。

なぜ、できないのか?

言葉やものを知らないと、何をググッて良いかが分からないんです(!!)

少し調べて見つからない時、色んな「言い換え」や「多言語」で試したり、色んな「調べ方」を駆使したり、そういったことは「知らない・考えつかないとできない」んです。面倒だし、時間もかかります。

逆にその能力が高ければ高いほど、検索で答えに辿り着ける可能性が高くなります。

その証拠に(?)、最近は「自分で調べなくても誰かが答えをくれるサービス」が大人気です。Google Home や Amazon Echo のようなスマートスピーカーだったり、TwitterYouTubeInstagram もそうですよね。

だけど「流れて来る他人の考えをフォローする」じゃなく、「真実が知りたい」人は、やっぱり検索して情報を集め、自分なりに考えをまとめるしか無いんです。答えは自分の中のどこかにあるんだと思います。

ということで、「ユーザの意図」と「検索の技術」は大事です。という話でした。

Web 広告および検索エンジンの質の向上に向けて

今朝のテレビ討論でも枝野さんが「Web 広告の規制を進める必要がある」と語っていたけど、私も何とかしたいと思っている。だからスキル以前に、ぜひ高い倫理観を持った良い人に仲間になってもらいたいな。

私達がこの仕事をできるのは、検索エンジンの品質を向上させるべく日々奮闘している多くの人のお陰であり、検索エンジンに広告を出している広告主のお陰。

検索した人が欲しい答えに辿り着けるようにすること、広告主が報われる確率を上げること。

あと今すごく有害な広告が多くて、子供にネットを使わせている親は特に「何とかしてくれ!!」と思っていると思う。私もその一人。

一つ一つの業務ではレポートで自由な報告ができるようになっていて、業務外ではこまめに survey もあり、仕事に対する感触を聞かれたり、「どうしたらもっと良くなるか?」という意見を求められる。そこで出した意見も取り入れられている感じがする。

自分ってちっぽけな存在だけど、そんな自分の意見で世の中が変えられる可能性はあると思う。そんな希望を持って私はこの仕事を続けています。

Web評価の仕事、単価が高い理由と歓迎スキルの関係」への9件のフィードバック

  1. こんにちは。はじめまして。この仕事、単価下がっています。あまり詳しいことは言えませんが、一時的に下げたところに、応募されたものと思います。なので、会社に報酬交渉したほうが、良いと思います。応募時期によって、上下するのは、どこでも、あるものと思いますが。単価下げたいときには、仕事出す側の立場で考えると、一旦、時給下げて、募集してみて、集まらなかったら、時給変更して募集するのは、ありえるので。

    1. こんにちは。募集時の時給、min1900、max2250円くらいに見えますね。私も下がった時に入って、いつ言い出そうかなーと思いつつ今に至ります。

  2. こんにちは。1月からLionbridgeでウェブ評価の仕事を始めました。
    以前にこちらで契約は1年とあったと思うのですが、私のIndependent Contractor Agreementには最初の契約は1年だけれど、その後どちらのパーティーからも申し出がなければ次の1年も自動更新と書いてあるように思います(もちろんその前にパフォーマンスが悪かったり、その他の理由で契約が解除されることはあると但し書きありますが)。hanachinさんの契約には1年としか書いていないですか?Contractに変更が加えられたのかなと気になっています。長く続けられたらと思うのですが、契約期間については気になるところです。ちなみに私も1900円の時給です。

  3. はじめまして。昨年よりウェブ評価をしています。リンク先が削除されているので断言はできないのですが、時給2250円はウェブ評価ではようです。というのも、私も時給1900円での契約で、新たな求人広告を目にしたときに、「えっ350円も違うの」と思い、掲載元に連絡を取ってみたのです。その時の担当者の話(代理店と仰っていました)によると、業務内容はウェブ評価ではなく、最長1年契約とのことでした。social media evaluatorだったのかなと推測しています。再度別の試験を受け直すのも大変なこと、また現在のウェブ評価を一旦辞めてからでなければ応募できないとのこと、を考え、結局応募には至りませんでしたが、お知らせしておきます。

    1. 上のコメントの修正です。
      ウェブ評価ではようです→ウェブ評価ではないようです
      大変失礼しました。

      1. 問合せされたんですね。結果を教えてくださってありがとうございます!安心しました〜。引き続きやわやわ頑張るので、よろしくお願いします(^^)/

        1. うーん。検索が甘い(爆)。冗談です。インターネットアドアセツサーと、サーチエンジンエバルエーターは、違うじゃないですか?内容のかぶりは、ありそうですけど。2008年あたりの時給は、27ドルくらいのだったのは、当時lbの公式情報で、見たことがありました。で、探すと、サーチエンジンエバルエーターは、当時の時給が、27だったという証言は、出てきます。そこから、徐々に下がってるものと、個人的に推測してまして、これ以上は、ちょっとここでは、書けませんが。消費税あがっても、単価あがってないですよね。それも、実質的には、報酬下げということになるわけで。だからといって、交渉して上がるかは、別問題ですが、実際のところは(笑)。

          1. SSさん、こんばんは。
            ネット上にある過去の情報を組み合わせると、単価はだんだん下がっているように見えますよね。好条件で働けるのは今のうちかな、と思いました。

            私はアドつかない方なのですが、もしかして損しているかもしれないよってことですよね(以前、交渉した方が良いよとおっしゃっていましたよね)。上がるかは別として😅

  4. あーごめんなさい。広告評価メインの仕事も、検索結果評価メインの仕事も、単価は、消費税増税(5から8%)前から、変わってないようですね。肩書が、ちょっと良くわかないですが、広告評価のほうは、増税前から、1900円でしたね。昔は置いておいても。おそらく。検索結果評価メインのほうは、広告の評価はしないです。かつ、広告評価のほうが、比較的簡単と推測しています。やったことはないですが。まいなびのリンク先は、検索結果評価メインの仕事と思います。ただ、5から8、8から10%に増税されても、どちらも単価に変更ないので、国内取引であれば、違法なわけで、契約書にはなかった事項なので、黙って泣き寝入りするか、交渉するか、どちらかしか、選択肢がないわけですが。現地法で違法なわけではないわけで。根拠法の問題ですが。ただ、今年は、コロナで時期は悪いのと、稼働がそもそも少ないと、どうなんだろう?とは思います。そもそも、規定の時間に達していないのに、交渉するのは?ということですが。SMエバルエーターは、APPENもたしか19USDなので、LBも2250円もいかないですね。消費税上がってから契約したら、交渉もなにも、ないですし。増税で、大元のクライアントからLBに払う外注費が上がっているのかどうか、という点もありますが。検索結果評価メインの仕事は一日8時間週に5日、もしですが、やるとした場合、時給3000円もらっても、やりたくないくらい、やりがいもないし、つまらないですが。精神的にも、体力的にも、キツイですし。というか、やろうと思ってもできない類の仕事です。実際は、週20時間までですが、基本。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA