AppSheet の HowTo [No-code App開発]

Lionbridge & Chromebook & ブログをきっかけに、「No-code または Low-code でアプリを作りたい」と思い立ちました。

未来は今より IT 技術が一般的なものになりそうな予感もするしね。

Chromebook が開発に使えることがわかり、まずは有名な Visual Studio Code や Android Studio を見てみたのですが。それらの重い IDE (Integrated Development Environment – 統合開発環境) をマトモに動かすには、8 – 10 万円レベルの機種が必要なことがわかりました。

私の手元にあるのは、ごく一般的なスペックの Chromebook です。開発機はまだ買わない。

でも、早く作り始めたいよ〜。

そうだ ・・・ Web なら!

Web システムなら、Chromebook でも開発ができる!

ってことに、遅ればせながら気づきました。

No-code から GAS (Google Apps Script) を使った開発まで、ステキなプラットフォーム達を見つけたので、ワクワクしながら試して行きます。

今日は AppSheet の話を。

AppSheet とは

Office 業務の生産性向上を支援する No-code プラットフォーム。今年初めに Google 配下となっています。

No-code でアプリが作れるということは、最低限必要なのは業務知識だけ。あとはやる気と頭とコミュ力。

近い所だと、サイボウズの Kintone もアツイ。何を作ったら良いかわからない人は、Kintone のサイトの動画を見たらイメージが沸くと思う。AppSheet でもこんな感じのものが作れる。Kintone の方が操作はわかりやすそうだけど、そちらは完全にビジネス向けで、チームでの利用を想定している。

サイボウズは「コミュニケーション」と「情報共有」をすごく大切にしており、本気で日本を良くしようとしている、世界で戦える貴重な日本企業。私もずっと応援しています。

AppSheet 利用上のポイント

  • Google Spreadsheet などのデータソースに Sync している。
  • 共同編集も可。
  • 自分が作りたいもののイメージに近いものがあれば、Sample Apps の中からコピーして作るのが早い。

AppSheet 利用上の注意点

  • AppSheetにログインしているアカウントで作成したシートしか開けない。他のアカウントからシェアしたものは開けない。アカウントを使い分けている人は注意。Googleの他サービス(Google Drive や Spreadsheet など)だと、一ヶ所でログインしたアカウントの情報が引き継がれるが、この AppSheet には連携していないようだ。
  • 手取り足取りのチュートリアルは無く、いきなりダッシュボードの画面に置き去りにされる。自分で一つ一つ見て行くしかない。
  • スマホアプリでは、自分が作ったアプリと Public 公開されているアプリを使うことができる。アプリの作成・編集などはできない。
  • 広告を貼るなどのマネタイズはできない。ビジネスとしてやるなら、有料アプリとして App Store に出すことしかできない。そのためには AppSheet 有料プランのサブスク費用が毎月発生する。つまり、簡単にマネして作れないものを作るか、あくまでプライベートや内輪で使うものを作る感じ。
  • 11am – 6pm PDT (米国夏時間)、日本でいうと 3 – 10am はメンテナンス中となり、アプリの編集が一切できない(アプリの使用は可)。

AppSheet でのアプリ作成手順

公式ページに How to が英語で載っているんだけど、読む気しない方へ。

  1. Spreadsheet で必要な Table を作る。 ※ここで DB 設計の知識が必要かも
  2. AppSheet からログインし、新規作成。または Sample Apps からコピー作成。この時にデータソースを選ぶ。
  3. ダッシュボード “Data” メニューで、必要な Table を追加。この時に「テーブルの」アクセス権の設定も済ませる。
  4. “UX” メニューで、「アプリの見た目」を整える。 ※ここではユーザとしてのセンスがあると良い
  5. “Behavior” メニューで、「アプリの振る舞い」を追加して行く。 ※ここで Excel や Spreadsheet の関数の知識が必要かも
  6. “Security” メニューで、どのユーザにどんな権限を与えるか、ログインは必要か、などアクセス権周りを設定。
  7. (ここは任意だけど、”Intelligence” メニューで何と Machine learning models が利用できる。)

メニューにあるものを上から順にやって行けば良い、ってことですな。しかし機械学習モデルまで試せるとは!?

いま使い始めたばかりなので、この後も追記して行きます〜。

こういうツールとそれを使いこなせる人材は、今後ますます中小企業のシステム化に一役買うのではないかな。いくらでも方法がある大企業は良いとして、人や金を簡単に割けないもんね。あとはやる気と頭とコミュ力だよね。

AppSheet の HowTo [No-code App開発]」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。Marineです!
    Hanaさんより1年程遅れて、まずはHanaさんの足跡をたどらせていただきますね。😉
    nocodeでできることは、androidのアプリ、HP作成、スプレッドシートみたいなやつという感じでしょうか。やりたいことによって、ツールが違うのね?
    今、私がやりたいことで思いつくのは以下の3つです。
    気軽に楽しくできそうな3からやろうかな?

     1.昔作って放置してある、子どものバレエ教室のHPをnocode化して先生に渡してしまう。
     2.ECサイト登録の細かい仕事を前にとっていて、コロナ化でかれこれ1年程仕事きてないのでもうぽしゃったかな?これ、本当は自動化してみたくて受けてただけなんですが、こっちでできるかな?
     3.簡単なゲームっぽいandroidアプリを子供の勉強用+私の勉強用につくる。

    1. marineさん、具体的にやりたいことが色々浮かぶのは、経験者の強みですね!
      自分で更新できるサイトを作ってあげたらお客さん助かりますね。
      登録作業の自動化って、それこそAI活用できそうな分野ですね。
      子供と一緒にゲーム作るの、私もやりたいな☺️子供の発想や作るものは面白いので、作品を残してあげられたら良いなあ✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA