[Googleスプレッドシート]グラフで自分の健康状態を知るWellness Wheelを作る

Google Sheets で便利ツールを作って遊びつつスキルアップして行こうシリーズ。

今回学べる内容:

  • 集計」の続き … SUM、COUNTIF でチェックボックス数をカウント
  • グラフ」… レーダーチャート

Wellness Wheel、あまり国内では有名じゃないけど、Rater の皆さんは見たことがありますよね。いくつかの簡単な質問に答えて行くことで、自分の今の心と体の健康バランスの状態を 7 つの軸に分けて俯瞰できるツールです。自分の生活の中で充実していること・ストレスを感じていることを冷静に分析することができます。

Wellness Wheel – Indiana Univ.

Wheel が大きな円に近い状態まで満たされている時、自分は心身共に健康状態にあり、生活が充実していることでしょう。Wheel の中に欠けている所があれば、そこをカバーする努力に時間を割くべきです。7 つの軸の中に一つでも大きくバランスを崩している所があると、いま健康ではない状態ということ。

さて。この Wheel、「質問にチェックしたら、自分のグラフを自動的に作ってくれる」ようにしたくないですか?私はしたかったので、作ってみました。

スプレッドシートで作るとグラフ作成も簡単です。データさえあればすぐに作ることができます。一度作れば、自分の Wellness の状態をいつでもチェックできます。「何かわからないけど気分が乗らない」と感じた時に、開いてみると良いですね。

ちなみに私も今やってみたら、”​Occupational” の値が低かったです。そうです、今日は “No Task” を見たからです笑。最近少し休んでいたこともあり、焦りを感じている所。ここが満たされて全体のバランスが良い時は、メンタルも安定して、色々とやる気もあって良い感じなのですが。

Google Sheets で Wellness Wheel グラフを作る

こんなの作ってみましょう。所要時間はものの数分で、後は個人的な拘り次第です。

データソースを用意する

質問データ

  1. 自分用なので、どこか適当な場所から質問データを取得して来ましょう。それを Google Sheets に値貼り付けします。
  2. チェックボックスをつけましょう。質問の横にカーソルを置いて、メニューの [挿入] → [チェックボックス] を選択します。このチェックボックスは他のセルにコピペ可能です。

チェックボックスの集計方法

“TRUE” ならカウント(、”FALSE” ならカウントしない)、とする数式を入れましょう。COUNTIF 関数でできます。これをチェックボックスと同じ行にでも入れておくと良いです。

= COUNTIF([チェックボックスのセル],TRUE)

グラフ用データソース

グラフの元となるデータを準備します。”項目名” と、各項目の “チェックの集計数” を一覧表にしておきます。

Physical    [集計数]
​Emotional   [集計数]
​Intellectual   [集計数]
​Spiritual    [集計数]
​Environmental [集計数]
​Social      [集計数]
​Occupational  [集計数]

[集計数] は、SUM 関数で各項目の COUNTIF のセルを指定します。

=sum(D4:D6)

グラフを作る

  1. [挿入] → [グラフ] で作成
  2. 種類は “レーダーチャート”
  3. 下のような データソース (網掛け部分)を選択
  4. [X軸] に項目名、[系列] に各項目のチェック数合計を指定
  5. ラベルやタイトルをつけたり、見た目をお好みでカスタマイズ

<参考> 私のグラフの設定

できました!あとはチェックボックスをポチポチしたら、グラフも自動で更新されます。

他の色んなグラフも同じ要領で作れます。データいじりや数字の分析はスプレッドシートにお任せ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA